2018年4月8日日曜日

仕事について最近思うこと

相変わらずの生活を送っております。満たされている感じなんだけど、虚無感もある。このままでは数年後に行き詰まるんだろうけど、今はまぁ満たされているから別にいいや、みたいな。問題が顕在化していないから先送りにして今を過ごしている感じ。

最近気になることを書いておく。

鮮度命、とにかくライブがおもしろい。見逃しはテレビでは不要、ネットで見れるようにすればいい。ネットでの配信もセットで抑えるのが大前提、できないなら中途半端な立ち位置になるのでやめた方がいい。けれども現実的に両方を得るのは簡単ではないことを考えると、テレビは生放送を最優先にして、再放送は隙間に編成すればいいのでは。生中継を見れなくても録画しておけば再放送より先に、というか好きな時間に見れるわけだし。

権利は独占してこそ価値がある。自分たちが強くなるというのは、競合相手の利益機会を奪うということ。もしくは非独占で権利をかき集めてラインナップ及び、そこから先で違いを生み出すか。スポーツ中継ならば実況と解説とか。まぁでも大前提で独占できないと、他でカバーするための労力が色々と発生して効率が悪くなる。


効率が悪くなるといえばテレビのようにタイムテーブル(=商品棚)に並べられる限界、制限がある(=1日24時間)と番組の優先順位をつけなければいけなくて、2番目以降の番組がせっかく化ける可能性があってもライブ中継できなくて潜在価値を発揮しきれないことが多々ある。もしくは制限があるせいで独占で入手できたかもしれない権利が非独占になることもある。

優先順位をどうのこうのするための調整に時間をかけている間に、制限なく編成できる(=商品を陳列できる)事業者はより便利なサービスにどんどん進化できるのでは。


みたいなことを最近はよく考えています。ていうか実在店舗とネット上の店舗との違いに似ているところもあるか。今更こんなことを考えている時点で遅いけど、もっと勉強することで今の仕事につなげて儲けられることも増えるのでは。

それと2年ぐらい前に新規開拓だけじゃなくて既存顧客の引き留めも同時進行で必要だべと思って会社内であーだこーだやろうとして頓挫し、今ごろ上の方から既存顧客の引き止めが必要だと大号令が出て力が抜けた。ふざけんな、今さら言うなと。でもまぁヘソを曲げても仕方がないし、当時のおれの伝え方が未熟だったと思えばいいだけで。おれの予想は当たっていたのならば、これからもアンテナは張り続けて、伸びしろがありまくる伝え方を磨く必要があるということだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿